凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

iDeCoのメリット・デメリット


スポンサードリンク

こんにちは。

今回は、iDeCoのメリット・デメリットについてです。

 

積立NISAと同様に、かなりのメリットがあります!!

が、大きなデメリットもあるので、始める際には注意してください。

 

ちなみに、私はやってません!笑

 

iDeCoのメリット

・掛け金を所得控除できる

・利益に対して税金がかからない

・非課税期間が長い

 

積立NISA同様、利益に対して税金がかかりません。

さらに、iDeCoでは所得控除できるので、より節税が可能です。

例えば、会社員だと上限の月 23000円(年間276000円)をiDeCoで積み立てると、276000円×所得税20%=約55000円の税金を払わなくていいんです。

※積立額の上限は職業や企業年金の有無で異なります。(自営業68000円、専業主婦23000円 etc)

※年収によって所得税の%は異なります。(高年収の方は所得税が高いので、より節税効果があります)

 

iDeCoのデメリット

・60歳まで引き出せない

・口座維持費がかかる(月 167円~)

・元本保証では無い

 

私がやっていない理由でもある最大のデメリットが、60歳まで引き出せないことです。

60歳以降のためにお金を確実に残して安心したい方には気にならないかもしれません。

むしろ、若い方だと積立NISAの20年間という制限よりも長く非課税という恩恵を受けられます。

ただし、引き出せないことには多くのデメリットがあります。

60歳になったときに、お金の価値が減っていたら?

60歳になるまでにお金が必要だったら?

数十年後のことは誰にもわかりませんが、様々なマイナス点はあります。

始める際は、慎重に検討してからにしましょう。

 

iDeCoをおすすめしたい人は?

高収入の方、預貯金に余裕がある方です。

高収入の方ほど所得税%が高いため、同じ金額を積立していても大きく恩恵を受けられます。

また、預貯金に余裕があって銀行に置いておくだけの方もおすすめです。

積立NISA同様、銀行より確実にお得に資産を増やせます。

私も今のところは、収入も少なく、まだ先が読めない支出もあると思うのでやってませんが、ゆくゆくはやるかもしれません。

それくらい人によってはメリットのあることなんです!

ぜひ、自分の人生プランに合う場合はやってみてください。

 

結論

正直、メリットは大きいです。

しかし、デメリットも大きいので始める場合は慎重に考える必要があります。

若い方、収入が少ない方は特に無理する必要はありません。

60歳になった頃には、世界経済が大きく変化しているかもしれません。

税制も変化して、どんどんお得な制度が設けられるかもしれません。

まずは、これをキッカケに自分にとってのメリット・デメリットを詳しく検討してみてください。