凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

投資入門~積立開始のタイミング~


スポンサードリンク

こんにちは。

 

本日は、投資信託ののタイミングについてのお話です。

僕は、いつ始めてもいいと思います。

その代わりに、僕はドルコスト平均法を利用して毎日積立をしています。

なにも考えたくない人、リスクを負いたくない人にはおすすめです。

 

 

投資信託の買い時はいつ?

それは誰にもわかりません。笑

どれだけすごい人でも、ここから株価が上がるのか下がるのかを確実に当てることはできません。ましてや、我々のような初心者レベルでは不可能です。

もちろん、チャートや世界情勢を勉強することである程度は確率を上げられます。

でも、みなさんはそこまでやる気持ちはありますか?

おそらく多くの方はめんどくさくてやらないでしょう。

なので、始めるタイミングはやる気になったらでいいでしょう。

その代わりに、もしタイミングが悪かった時のためにリスクを抑える必要があります

そこでおすすめなのがドルコスト平均法を使った毎日積立です。

 

ドルコスト平均法とは?

株価の上下に関係なく、定期的に同じ額を購入することでリスクを抑える方法です。

例)毎月1万円積立の場合 株価1000円だと10株 500円だと20株を購入するため

平均すると1株当たり666円で購入したことになります。

つまり、平均取得単価を下げることができるんです。

もちろん、株価が上がっているときも積み立て続けるので、その場合は平均取得単価は上がりますので、大きなリターンは狙いにくいです。

つまり、リスクもリターンも抑えた保守的な方法だといえますね。

 

おすすめは?

何も考えたくない、考える時間がないという方におすすめなのは、今日から毎日積立で投資信託を購入することです。

なぜかというと、今の株価が高いと思っていてもまだまだ上がることもあれば、安いだろうと値ごろ感で購入すると、どんどん下がっていき損失が出ることがよくあるからです。僕も今までそんな感じの経験をいっぱいしてきています。笑

もし、積立開始直後に株価が下がったとしても、長期的に上がると思うのであれば利益を出せる可能性は十分にあります。逆に、まだ下がりそうだからやめておこうと待っているといつの間にか積立開始のタイミングが分からなくなってしまい、機会損失を被る場合がよくあります。

 

一方で、少し考えたりする時間がある方、手間をかけても利益が欲しいという方には

もう少しいい方法があります。

まずは、積立開始のタイミングは変わらず、機会損失しないために今日から始めたらいいと思います。

違うのは、積立額です。

例えば、満額(年間40万円)を積み立てる場合は、毎日1500円くらいを積み立てることになります。それを毎日500~1000円の積立にしておくんです。

そして、大きく株価が下がった時を待ち、その時が来たら一括購入をします。

こうすることで、積立開始から株価が上がれば利益が出て、株価が下がっても一括で安く買えるので精神的にも安心ですね。

もちろん、1年間株価が上がり続けたら、この方法は適していません。

でも、ちょっとした下落はたいてい起こると思っているので、僕はこの方法でやっています。

 

 

結論

積立を開始するのは、いつが正解かなんてわかりません。

だったら、今日から始めちゃえばいいかなと思います。

ただし、リスクを抑えるために毎日積立をおすすめします。

また、より利益を出したい場合は一括購入もありだと思います。

ぜひ、自分の性格や生活に合った方法で積立を始めてみてください。