凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

投資入門~まとめ~


スポンサードリンク

こんにちは。

 

本日は、これまでおすすめしてきた投資に関するまとめになります。

簡単にまとめると、楽天証券楽天カードを用意して、S&P500連動の投資信託を、毎日設定で積立することをおすすめしています。※追記:クレジットカードで積み立てる場合、毎月1日に積立するしか選択肢がありませんでした。

詳細は、過去の投資入門シリーズをご覧ください。

 

これまでの内容

下記の流れでおすすめの投資についてお伝えしてきました。

①おすすめの投資

②積立NISAのメリット・デメリット

③おすすめの口座

④おすすめの銘柄

⑤積立のタイミング

詳しくは過去の記事を見てください。あくまで、長期投資で資産形成する場合のおすすめですのでご注意ください。

 

①おすすめの投資

積立NISAを利用した投資をおすすめしています。単純に、利益に対して税金がかからないのが魅力です。もちろん、確実に増えるわけではないのがデメリットの感じる方もいますので、じっくり考えたうえで始めましょう。

他にもiDeCoという似たような方法もあります。積立NISAとの違いは、所得控除もできるので節税額が大きいけど、60歳まで引き出せないところです。60歳以降の資産形成用であれば、こちらの方がおすすめです。

 

②積立NISAのメリット・デメリット

メリットは、先述の通りで非課税という点です。一方で、デメリットは元本割れをすることもあるという点です。このデメリットを③~⑤を実践することで、なるべく減らすようにしています。

 

③おすすめの口座

楽天証券をおすすめしています。理由は、楽天のクレジットカードで積立可能だからです。クレジットカードだと利用額の1%のポイントがもらえるので、その分お得です。たったの1%と思うかもしれませんが、やる前から利益が1%取れると考えたらやらない理由がないかなと思います。もし、僕みたいに別の証券口座を使っている方は、今年は諦めて来年から積立NISA口座を移行する方がよりいいでしょう。

 

④おすすめの銘柄

S&P500連動の投資信託をおすすめしています。理由は、数年単位で見たら株価が上がり続けているからです。もちろん、これからどうなるかはわかりませんが、統計的には可能性が高いと思っています。他にも米国だけでなく、全世界経済と連動した銘柄や金銀プラチナに連動した銘柄などもあるので、ぜひ調べてみてください。

 

⑤積立開始のタイミング

開始するのはいつでも変わりません。もちろん、株価が安い時に始めた方がいいですが、今後どうなるかわからないからです。その代わりに、毎日積立にしたり、金額を調整することでリスクを抑えることをおすすめしています。

 

早速始めようと思った方々へ

この記事を読んで、やってみようと思った方へ注意点とタブーをお伝えしておきます。

まず、投資は自己責任ということを認識してください。これは、うまくいかなかった時に僕のせいにされたら困るからではなく、人のせいにしているとうまくいかないからです。自分で納得してビジョンを立てないと、周りの情報に振り回されたり、変な判断をしてしまうことに繋がってしまいます。

あとは、積立は基本的に放置してください。自分のお金がどうなっているか気になると思いますが、一喜一憂してストレスを抱えたり、時間を費やすのはもったいないです。さらに、損失が出たときに怖くなって積立を辞めてしまったり、少し利益が出ただけで売ってしまったりしてしまうと積立に限っては、うまく資産形成ができません。気になる方は、週に一回など頻度を少なめにしましょう。

もう少し詳しく知りたい方は、直接連絡ください。(すでに数名来ており、個人で対応しています)