凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

ふるさと納税って?~前編~


スポンサードリンク

本日は、ふるさと納税についてです。

前編では、メリットやデメリットを説明していきます。

簡単に言うと、2000円で地方の名産品をGETできちゃいます!!

 

ふるさと納税とは?

 都道府県や市町村へ寄付をする制度で、そのお礼として地元の名産品などがもらえる仕組みになっています。住んでいる場所に納税するのではなく、生まれた故郷や好きな街を応援する形で寄付というなの納税ができるのが特徴です。

 

メリット

なんといっても、実質2000円で地方の名産品をゲットできることです。上限額は、僕だと4万くらいなので、かなりお得になりそうです。では、どれくらいお得になるのか計算してみましょう。返礼品はだいたい寄付額の30%くらいなので12000円分の名産品を2000円でGETできるということです!(上限額は年収によって異なりますので、下記サイトからご確認ください)

www.soumu.go.jp

 他にも、応援したい市町村に寄付ができたり、使途の明確なことに納税ができたり、返礼品をみてわくわくしたりとメリットはたくさんあります。

 

デメリット

一番ネックなのは、控除を受けるために申請が必要なことです。これまで手を出せてない人の大半の理由がこれかと思います。ただ、やってみたらそんなに難しくないと思いますので、この機会にぜひ一緒にやってみましょう!(後編にて説明します)

あとは、気を付けてほしいのがメリットがない人がいることです。それは、専業主婦や学生などの扶養に入っている方です。もし、ふるさと納税をやってしまうと全額自己負担になってしまうのでご注意を。他には、寄付金が返ってくるのが翌年であったり、上限額がいくらかわかりにくいというのがデメリットになるかと思います。

 

結論

実質2000円で地方の名産品がもらえるという完全にうまい話です。もちろん、申請をしなければいけなかったり、上限額を超えないように気を付ける必要はありますが、やるしかないと思います。僕も今年が初ですが、さっそくやってみます!次回は、申請方法についてです。