凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

【別世界】アフターコロナについて考えよう


スポンサードリンク

まだまだコロナ禍ではありますが、そろそろアフターコロナについて考えてみませんか?なんでもそうですが、準備を怠る人はうまくいきません。ぜひ、この機会に一緒に考えていきたいと思います。

結論からですが、おそらく、元の世界には戻らないと思います。新たな世界でスタートダッシュを切りましょう!

 

アフターコロナとは?

そもそも、いつ、なにをもってアフターコロナというのでしょうか?明確な定義はありませんが、一つの区切りはワクチンや予防薬の開発が完了したタイミングだと思っています。ワクチンの開発には、研究、開発、治験など時間がかかるため早くても1年、うまくいかなければ3~5年かかるかもしれません。そして、コロナはなくなることはないでしょう。インフルエンザのように、予防や治療をしながら生活していくしかなさそうです。

 

変化する働き方

すでに多くの会社が取り入れていますが、時差出勤や在宅ワークが主流となってくるかもしれません。さらには、会議もリモートが当たり前になり、出張する機会も激減するでしょう。正直なところ、今もそれで成り立っていると思います。これは、コロナのおかげでいい変化が起きているとも言えます。無駄な出張や会議が必要ないことが証明され、残業で稼ごうと非効率的に仕事していた人が明確になってきます。このように、働き方の変化は、いいこともありますので、ぜひアフターコロナでも採用してほしいと感じています。

 

動かぬ経済

コロナ禍の今もそうですが、経済状況は最悪になることが想定されます。理由は簡単で、コロナによって外出自粛が勧められることで経済活動の多くがストップしている状況になるからです。さらには、このような危機的状況が今後来るかもしれないという危機的心理から、財布のひもが固くなり、より一層貯金をする人が増えると予想されるからです。中には、これまで自粛でたまったストレスを発散するために散財する人もいると思いますが、一部に過ぎず、経済はこれまで以上に滞る可能性が高いです。そこで、政府はお金を使わせるような政策を打ってくると思いますので、楽しみにしましょう。そして、お金はどんどん使っていきましょう。

 

注目される副業

前述の通りに経済は滞り、倒産する会社や解雇、ボーナスの削減などますます自分で稼ぐことが必要になっていきます。そこで、注目されるのが副業です。今は副業禁止の会社もだんだんと解禁していくでしょう。会社もみなさんの人生の責任を負えるほどの余裕がないと思います。

副業というと、ブログやYOUTUBE、投資やアルバイトなどいろいろあります。その中で注目しているのは、クラウドソーシングです。簡単に言うと、昔の内職のようなものです。小さい頃に母がやっているのをよく手伝っていた記憶があります。

このクラウドソーシングの何がいいかというと、誰にでも、簡単に、好きな仕事を、家でもできる点です。仕組みとしては、依頼者がクラウドソーシングを行う企業に仕事を依頼して、それを不特定多数の誰かにやってもらうという流れです。依頼者は、仕事をしてもらえる人を探すコストがかからず、我々は自分で仕事を選んでお金がもらえる。そして、その仲介企業はマージンをとって利益を得るので、みんながハッピーな仕組みだと思います。ただし、報酬は小銭稼ぎにしかならないので、本気で稼ぎたい人にはおすすめできません。

 

投資への影響は?

先ほどのクラウドソーシングをはじめとして、5G関連やオンライン通信系のこれまで注目されてこなかった銘柄が伸びていく可能性が高くなってきています。もちろん、すでに株価を上げているものもあれば、これからドカンと上がるものもあるでしょう。株は、噂で買われて事実で売られるので、今後伸びそうな銘柄には早めにチェックを入れておきましょう。

 

結論

アフターコロナは新たな世界に突入しそうではありますが、そのうち慣れるので気にしないでいいでしょう。むしろ、新しい環境に変わることをうまく利用して、自分の生活を豊かにしていけたらいいですね!!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村