凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

遂に米国株が落ちてきました。


スポンサードリンク

さて、本日は先週末からの株価暴落についての記事です。株価はもう少し落ちるので、気を付けましょう。

 

最近の米国株

 過去の記事では、みなさんご存じのGAFAM(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル、マイクロソフト)を始めとして、技術系の企業が特に暴騰していました。僕がおすすめしているS&P500に関しては、最高値を更新するなどプチバブル状態になっていました。おそらくですが、株価が上がっていた要因に、テスラがS&P500へ採用されそうだという噂がありました。それによって、テスラ自体の株価は急上昇して、2週間で1.8倍くらいになっていました。しかし、株価が上がることがあれば、下がることもあります。それが、先週金曜からの出来事です。テスラは30%近く下落していて、安易に購入した人は絶望しているころでしょう。こういう出来事を見ると、なかなかリスクがあって危険だなと感じますね。いかにリスクを抑えて投資することが精神的にも安心かよくわかります。ちなみに、この下落はS&P500への採用が見送られたことによるものでしょう。期待されて買われていた分、期待外れと分かれば売られてしまいます。このテスラの採用見送りによって、S&P500もかなり下げ始めています。これまでの含み益がだいぶ減りました、、、なんなら、米国株のETFは3日で利益が吹っ飛びました。笑

beginner-worker.hatenablog.com

 

これからどうしよう?

今の状態は、いわば「落ちるナイフ」です。これを掴もうとすると大けがをします。ナイフが落ちているときは触らずに、落ちて着地してから売買するようにしましょう。でも、いつ着地したかなんて投資初心者にはわからん!ってなると思うので、これからの戦略を書いておきます。

①下落中に積立を開始する。ただし、金額はかなり抑えます。積立NISAを利用している場合、毎日積立だと1500円くらいを購入していきますが、とりあえず500円とか。そして、下落が進んでいくにつれて800円、1000円と増やしていく。そうすることで、平均単価は比較的いいポジションを持つことができそうです。

②設定とかめんどくさいから、1500円積立を下落しても上昇しても継続する。

僕は①の戦略で行きます。理由は簡単で、含み損を抱えている期間はかなりストレスがかかるのでそれを避けるためです。ただし、増額するタイミングはすごく重要で、適当にやるとうまくいきません。そういうのを考えたり、リスクを取るのが嫌な人は②の戦略で行きましょう。20年レベルの長期投資を見据えているなら、誤差レベルの差でしかありません。

実は、個人的に連絡をくれていた方には、積立をまだ開始しないように言ってました。そして、今後もよさそうなタイミングは伝えていきます。もし質問があれば連絡ください。いつでもお待ちしています。