凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

【会社員の日常】役員とゴルフ行ってきました。


スポンサードリンク

今日は、久しぶりにゴルフのラウンドに行ってきました。メンバーは、役員、主研、主研、えらんどという珍メンバーでした。笑

ちなみに結果はというと、ベスト更新&2位となかなかの大健闘。打倒役員は果たせませんでしたが、次につながる一戦になったと思います。ってなわけで、今回思ったことをだらだら書いていきますので、よかったらぜひ読んでください!!

 

ゴルフっていいよ

ゴルフは、大学時代に研究室の同期であるU君と共に「ゴルフやっとけば、社会人なってから有利やろ」ってことで始めました。確か、就活を始めるときに何すればいいか考えたら、まずはゴルフって結論になった気がします。(就活は真面目にやりましょう。笑)しかし、就活で練習もできずに、ちゃんと練習に行けたのは大学院2年の頃で、初ラウンドもその頃だった記憶があります。初ラウンドのスコアは133と散々な結果でしたが、スポーツとしても娯楽としてもとても魅力を感じました。

ゴルフの一番いいところは、多くの人が楽しめるスポーツであることです。実力が年齢や体力、筋力に比例しないので、今回のように20代~50代まで一緒に楽しめますし、女性と一緒に勝負することも可能です。みんな集めてコンペとか最高だと思うので、ぜひ開催したい。なんなら、高校からの親友、大学時代の部活メンバー、会社の人たちとかいろんなコミュニティ集めても楽しいと思う。

もう一つは、「ミスを減らすスポーツ」という点です。例えば、サッカーやバスケだと点を決めるということで勝敗が決まるので、それまでどれだけミスをしてもスコアには見えません。しかし、ゴルフではどれだけ素晴らしいショットをしても、ミスをしたらその分スコアが悪くなってしまいます。なので、基本的に大満足で終えることはできません。このように、スコアを良くしようと「成功すること」を目的とせず、失敗することを前提として「失敗しないこと」を目指すというのはおもしろいなと思いました。この思考ってなかなかすることがないので、新鮮に感じたのかな。

あとは、朝が早いので1日を充実させることができたり、知り合いが増えたりといっぱいメリットがあります。もちろん、道具が高いとかボールをなくすたびにお金がかかるとかはありますが、、、

 

いいメンバーだった

休日まで上司と会うのは嫌だなぁって思う方もいると思いますが、それを思わせないくらい良いメンバーでした。正直なところ、そういう上司ってあまりいないと思います。年齢差や育った環境の違いから、考え方や話題が合わないことが一般的には多いイメージでしたが、友達と行くときと同じくらい楽しめました。周りの方に恵まれていることに感謝するとともに、自分もそうありたいなと感じました。皆さんはどうですか?部署の飲み会さえ憂鬱だったりしませんか?できれば、そういうの無くしたいですよね。

 

ゴルフへの興味が再燃

今回のスコア更新を機に、ゴルフへのモチベーションが上がりました。というより、ちゃんと生涯スポーツとして付き合っていこうと思いました。なので、コンペを企画したり、友人とラウンドに行ったりする回数を増やしていこうと思います。あとは、スコアを伸ばすことも忘れちゃいけないですね。常にミスを減らすことを意識して頑張っていきたいと思います。ちなみに、僕が思うミスを減らす方法は①自分の得意不得意を正しく理解する→②不得意な状況にならないことを最優先する(バンカーには入れないようにしてます)→③番手や種類、打つ方向を考えるということを繰り返すことです。僕みたいな初心者だと、この思考を持つだけで結構スコアが上がります。ぜひ、試してください。