凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

【あなたはどう?】勝てない人がする愚かな行動


スポンサードリンク

こんにちは。本日は朝から女子プロゴルフのキャンビア・ポートランド・クラシックを見てのんびりした休日を過ごしております。よく休日に親父がゴルフを見ていましたが、やっとその魅力がわかってきたような気がしますね。笑

さて、本題ですが投資に勝てない人がしてしまっている愚かな行動についての話です。それは、完璧を目指すことです。ここでの完璧とは自分の思う最大値と定義してお話します。

今回は、この記事を書こうと思ったきっかけであるゴルフを例に説明していきますね。

まず、ゴルフとはナイスショットをしてスコアを伸ばすことよりも、ミスショットを減らしてスコアを崩さないようにすることが大事なスポーツです。なので、「ミスを減らすスポーツ」と言われています。

あまり理解ができないことかもしれませんが、実際に最悪の状況にならないことを最優先にプレーするとスコアが伸びます。例えば、右方向にグリーン(ゴール)があるとします。そして、そのグリーンのすぐ右には池があるとしましょう。一方で、左側はグリーンへの距離が遠くなりますが、広々としたスペースがあります。普通に考えたら、最終的にはゴールを目指すのでグリーンを狙うでしょう。

ただし、その行為が愚かだと言いたいのです。ここでの正解は、左側を狙うことです。なぜかというと、もし思った通りに球が打てなくても最悪な状況を避けることができるからです。もちろん、グリーンを狙って思い通りのところに行けばスコアはよくなります。

ただ、それは思い通りに打てた場合です。あなたは、毎回思ったところに球を打てますか?プロでもそう簡単にできないのに、その自信がありますか?

つまり、グリーンを狙ってスコアを伸ばすという最大値を求めるがあまり、池に落とすというリスクを考慮できていないんです。もちろん、90%の確率で思い通りに打てるのであれば勝負してもいいですが、リスクがあることはしっかりと理解しておかなければいけません。

さて、これを投資の話に置き換えて考えてみましょう。

ゴルフの場合は、池に落ちるというリスクだったので大したことないように感じますが、これが投資だとかなりの痛手になります。利益を出したいと思うがあまり、お金が減るまたは最悪の場合破産するというリスクが見えなくなってしまう人が多いのが実情です。

もし、資産が2倍になる方法と1.1倍になる方法があったら、前者を選びますよね。でも、ちゃんとリスクも考慮したら本当に魅力的な方法なのでしょうか。そこをしっかりと考えてから判断してほしいです。

毎回完璧な投資ができたらいいですが、そんなの専業投資家にもできません。完璧や最大値を求めすぎてリスクを取りすぎるよりも、利益が大きく取れなくてもお金を減らさないこと優先していくという考え方をしていきましょう。そして、たまに大きく利益がでたらいいなって感じで。その方が結果的に、小金が増えているでしょうし、メンタル的にも安定すると思います。

常にリターンだけではなく、リスクについて着目できるようになるといいですね!!