凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

【ジャパンライフ事件】人生が一瞬で吹っ飛びます。


スポンサードリンク

こんにちは。えらんどです。

本日は、少し前に話題になった史上最大級の詐欺事件である「ジャパンライフ事件」についての話です。

この事件を教訓に、読者の皆さんには騙されないための思考が形成されたらいいなと思います。ぜひ、最後までお願いします。

 

ジャパンライフ事件とは?

いわゆる投資の詐欺案件みたいなものです。

被害総額は、2000憶を超えていて、数千万円単位で騙された人も数多くいるようです。

実際に、ニュースで放送されていた情報によると、7000万円を騙されてしまった高齢女性が紹介されていました。(みんなよくそんなお金持ってるぁ…笑)

この方は、この事件で一文無しになってしまい、周りの人にお金を借りないといけない状態にまでなっているようです。まさに、人生終わったと言っても過言ではないレベルですね。

ちなみに、事件の内容は、こんな感じ。

医療機器メーカーのジャパンライフレアメタルを使った商品を作り、磁気効果で治療ができると宣伝していました。それだけなら、ただの商品紹介です。

しかし、ここからが危険な話。この商品を購入するとオーナーになれて、そのレンタル収入から配当がもらえますとのこと。しかも、その配当は年利6%で元本保証ですと。

めちゃくちゃうまい話ですね。元本保証なので、絶対儲かるように聞こえますね。

ただし、この案件には良くない点が3つあります。

 

1つ目は、会社の経営が傾いていた点です。

実際に、数年前に破産申請が出されていたみたいなので、資金ぶりは順調ではなかったと推測できます。一度崩れた会社は、そう簡単に持ち直すことはできません。

そういう会社に限って、こういう詐欺事件のような案件を作り出してしまうんですよね。自分たちのためにどうにかお金を稼がないといけないから。それが、人を騙すような方法であってもです。

ちなみに、この商品の謳っている効果は実際ないみたいです。そもそもそこを怪しく感じていたら、こんなことに巻き込まれないのですが、1000人に1人くらいは騙されちゃいそうですね。

 

2つ目は、安倍総理が関係していた点です。

真実はわかりませんが、この案件を紹介する際には、安倍総理の名前が使われていたようです。そのせいで、信用度が増してしまったために騙されたという人がいたようです。

このようなうまい話ってほとんどの人が怪しく感じるので、騙されにくいのですが、信用できる人がおすすめしていると簡単に騙されてしまうんです。

これが安倍総理ではなく、親友だったり家族からの紹介であった場合でも同じことが起きる可能性は高いです。まじで、気を付けましょう!

 

3つ目は、年利6%で元本保証という点です。

そもそも元本保証の案件ってほとんどありません。あるとしても、年利はかなり低いですし、長期運用でないと達成できないものが多いです。

にも関わらず、この案件では年利6%も配当として支払われるとのことですので、相当レンタル収入で多く稼げないと破綻します。

まあ、実際にこのロジックは破綻しているのですが、なぜすぐ気付かなかったのだろうか?

それは、ちゃんと配当をもらえたからだと思っています。

最初に商品オーナーになるために支払ったお金を切り崩しているだけなので、ただの自転車操業でしかありませんが、安心しちゃったんだと思います。そのうち破綻するということもつゆ知らず…

 

騙された人たちの末路は?

もう泣き寝入りするしかないです。

もし集団訴訟を起こしても、おそらく数%程度しか返金されないでしょう。

さらに、お金が無くなっただけではなく、人間としての信用や価値を失ってしまいます。他にも、自暴自棄になって自殺にまで至ることも少なくないようです。

まさに、人生終了のような状態になってしまうんです。

 

こうならないためには?

うまい話には乗らないことです!

 具体的には、稼げるというロジックが本当に破綻しないか。

どういうデメリットがあって、最悪の場合にどうなってしまうのか。

そこまで考えた上で判断するようにしましょう。

※多くの方は、稼げるってだけでうまい話だからやらないと言ってしまいがちですが、それは違います。

リスクとうまく付き合うことで、資産形成をすることができる可能性は十分にありますので、自分でしっかりと考えて判断するということを身につけましょう。

 

↓過去に友人から依頼されて怪しい案件を調査した際には、ロジックが破綻していそうなので、辞めておくように言いました。

beginner-worker.hatenablog.com

 

まとめ

うまい話というのは尽きません。

もし、やりたいのであれば全財産をぶち込むのはやめましょう。

少額であれば、やり直せますし、痛くもかゆくもないかもしれません。

人生終了にならないように気をつけましょう。