凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

【超重要】価格で買うな、価値で買え!!


スポンサードリンク

こんにちは。えらんどです。

本日は、上手なお金の使い方についての話をしたいと思います。

この思考が身についている人は、自然とお金が貯まっていきます。逆に、そうでない人は貯金があまり出来ていない割に、いい生活が出来ていない傾向にあります。

ぜひ、これを機に考え方を見直してみてください。

 

価格と価値の違い

価格とは、物やサービスを手に入れるために必要な値段のことを指します。

基本的に提供者が、原価や需要などを考慮した上で値段を決めます。

一方で、価値とは物やサービスがその人にとってどれだけ役に立つかを指します。

なので、同じ物やサービスでも人によって価値の大小は異なります。

まあ、そんなことみなさん知ってますよって感じですよね。笑

 

価格で買うことが良くない理由

上記の通り、価格と価値は似て非なるものと言えます。

なので、価格=価値ではありません。場合によっては、価格が価値を上回ってしまっていることもあれば、価格の何十倍もの価値を生み出すこともあります。

もし、物を買う時に価格で決めている人がいれば、大変もったいないことをしています。ただのお金の無駄使いで、浪費でしかありません。

実際によくある2つの浪費パターンを挙げて、説明していきます。

1つ目は、価格が安いから買うパターンです。

これは、最終的に「安物買いの銭失い」となることが多いです。なぜなら、結局使わない物or性能や耐久性不足が起きるからです。

ただただ、いい買い物をした感が生まれるだけで、なんの価値もない行動だと思ってます。もちろん、安くて役立つものはいっぱいありますけど、そうでないことの方が多い気がしてます。

2つ目は、価格が高いから買うパターンです。

みなさんもよくありませんか?同じような商品でメーカー比較している時とか。

よくいるのは、掃除機と言えばダイソンがいいって聞くし、値段もそこそこするからという理由で買っちゃう人達です。

本当にその値段を支払うほどの意味があるのか、安い掃除機でも大して変わらないんじゃないかと考えたこともないでしょう。

そして、結局はダイソンの掃除機を持っているということに喜びを感じるだけで、性能を最大限に発揮できていないことが多いように思います。

 

このように、価格で決めてしまうと、無駄が多くなる可能性が高いんです。

お金がどれだけでもありますって人は、そんな細かいこと気にする必要はありませんが、我々一般人には重要なことだと思います。

 

価値で買うと良い理由

もう説明は不要ですね。笑

価格で買うと、上記のようなデメリットがあるからです。

さらに言えば、たった1万円の商品でも、人によっては100万円分の価値がある可能性だってあります。

その可能性を見逃してしまってると思ったら、もったいないですよね。

僕たちは、価値あるものを手にすることを目的にお金を支払っているんです。その目的を達成するために、価値を基準に判断するのは当たり前ですよね。

じゃあ、どうやって価値で判断すればいいのか?

それは、自分の人生に落とし込んで考えてみることです。

その物やサービスが、自分の人生や生活にどれくらい役に立つか、意味があるのかをシミュレーションしてみてください。そうすれば、自ずと価値あるものが見えてくるので、判断がしやすくなると思います。

意外とこの思考ができない人が多いので、どれだけ頑張ってお金を手に入れても、満足できない生活になっているんだと思います。

生活を豊かにするために必要なのは、収入を増やすことだけではありません。支出を減らすこと、特に効率よくお金を使うことでも同じように生活を豊かにすることができます。

 

結論

今回は、価格ではなく、価値で買い物をしてくださいということを伝えたいです。

この思考は、収入を増やすことよりも簡単に生活を豊かにすることができる方法です。逆にそうでない人は、いつまで経ってもお金を追い求める人生になってしまうでしょう。

ぜひ、明日からの生活に生かしてみてください!!