凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

【朗報】ビールが安くなるらしい!!


スポンサードリンク

こんにちは、えらんどです。

本日は、ビール好き向けの記事になります。

ビール大好き芸人としては、いいニュースです。笑

普段ビールを飲まない方も、実は関係あります。

最後まで、ぜひご覧ください。

 

[目次]

1.何が起きたのか

2.減税対象のお酒

3.増税対象のお酒

4.まとめ

 

1.何が起きたのか

10/1~酒税が変更になりました。

理由は、類似した酒類間の税率格差を減らし、公平さを保つためみたいですね。

実は税率変更のことは全然知らなくて、今日スーパーに行って気づきました。

大した変更ではありませんが、普段からお酒を嗜む方には少し影響がありそうです。

ちなみに、今後は2023年と2026年に税率改正が予定されており、最終的にはビール類は発泡酒、第3のビールを含めてすべて統一されるみたいですね。

 

2.減税対象のお酒

ビールと日本酒です。

ビール類を例にすると、これまで350mlあたりの税金は77円でしたが、10/1以降は70円となっています。

日本酒も720mlあたり86.4円から79.2円と安くなっています。

これだけ見ると、ほとんど誤差のように感じます。

もし、週2回ビールを飲むとすると、1週間で14円、1年で672円の差が出ます。

うーん、全然変わりませんね。笑

でも、安くなった分にはいいことなので、喜んでおきましょう。

 

3.増税対象のお酒

第3のビールやワインです。

第3のビールは350mlあたり28円→37.8円に、ワインは750mlあたり60円→67.5円に増税されています。

こちらも大した違いではありません。

しかし、ビールが安くなり、第3のビールが高くなることで、日ごろのみなさんの選択も変わってくるかもしれませんね。

これまで、安いからという理由で第3のビールを選んでいた方が、どんどんビール派に流れて行くかもしれません。

我々にはあまり関係ありませんが、製造企業には無関係とはいかないでしょう。

販売戦略も変わるだろうし、開発のウェイトも検討していかなければならないでしょう。

こういうちょっとした変化で、業績や株価が動くこともあります。

今回はそんな関係なさそうですが、投資をやる方は情報には敏感になっておいた方がよさそうです。

 

4.まとめ

今回は、酒税改定についての記事でした。

減税・増税対象のお酒があるものの、我々にとっては大きな変化ではありません。

これまで通り、お酒を楽しみたいと思います。笑