凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

【続・トリキの錬金術】農水省はなにやってんの?


スポンサードリンク

こんにちは、えらんどです。

本日のテーマは、前回に引き続き「トリキの錬金術についてです。

農水省がなんとかしないといけないはずなんですが…

ほんとなにやってんの?

 

[目次]

1.はじめに

2.GoToイートのせいで店の利益が出ない

3.農水省がどうにかしないといけない

4.えらんどの意見

 

1.はじめに

前回に引き続いて、トリキの錬金術についての話になっています。

前回の記事では、抜け穴をついたお客様達はいかがなものかという話をしました。

しかし、根本原因はそこではありません。

スカスカすぎる制度を作ったこと自体が良くありません。

今回は、キャンペーンを開始した国を中心として書いていきます。

 

beginner-worker.hatenablog.com

 

 

2.GoToイートのせいで店の利益が出ない

この問題の何が良くないか。

それは、店の利益が全くでない。むしろ、マイナスになることもあるみたいです。

そもそも、店の営業には食材費、人件費、家賃などの経費がかかっています。

それに加えて、店側はGoToイートの対象店舗になるためには、200円/人を支払う必要があるようです。

にもかかわらず、500円程度で帰られては、たまったもんじゃありません。

ひどい場合だと、串1本だけで帰ろうと強者もいたらしく、赤字でしかありません。

さらに、このような目的の一人客が増えてしまうことで、スペースが埋まってしまうので、ちゃんと楽しみに来た人達が入れないという問題も起きています。

 

3.農水省がどうにかしないといけない

ニュースを見ていると、あたかも「セコイ人達がいますよ~、困りますねぇ~」みたいな報道がされています。

しかし、根本的な原因はキャンペーンのルールの甘さです。

目的は、経済を活発にすること?

お店を救済すること?

お客に外出させること?

何を目的にしているのか知りませんが、少なくともお店を犠牲にしていることは間違いありません。

こうなることは事前に想定できたわけですし、GoToトラベルでも似たようなことは発生していました。

なぜ、学ばないのか?

まあ、やる気がないだけだと思いますが。

こういうところをしっかりしないと、国民からの支持は得られないですよね。

やるなら、ちゃんとやってほしいものですね。

まだまだ国を信用するのは先になりそうです…

 

4.えらんどの意見

とにかく、お店が苦しむだけのキャンペーンにならないことを願います。

個人的には、セコイやり方をする人でも、よくわからん報道する会社でもなく、国にしっかりしてほしいです。

ルールの甘さとミスした時の対応の悪さが目立ちます。

今後、店も客もwin-winな状態になるといいなぁ~