凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

【超簡単】5分でわかるテクニカル分析~チャートの見方~


スポンサードリンク

こんにちは、えらんどです。

本日のテーマは、テクニカル分析についてです。

簡単に言うと、チャートの見方を教えます。

結論としては、買いたい人vs売りたい人の戦いを探すことです。

 

[目次]

1.はじめに

2.チャートから大衆心理を読む

3.戦いに勝った方に便乗しよう

4.えらんどのおすすめ

 

1.はじめに

みなさんは、株や投資信託をいつ買えばいいか迷ったことはありませんか?

今回紹介するのは、株やFXなどでよく使われる手法の中のテクニカル分析です。

簡単に言うと、チャートを見て、上がるor下がるを予想する方法です。

誰でもできるような、かなり簡単な方法を紹介します。

ぜひ、試してみてください!

 

2.チャートから大衆心理を読む

チャートには、世界中の投資家たちの思惑が入り乱れています。

それをいかに読めるかが勝敗のカギを握ります。

今回は僕が普段からおすすめしている「S&P500」連動のETFを例に説明していくことにします。

 

まずは、最近のチャートをご覧ください。

f:id:beginner-worker:20201011232059j:plain

最近の値動きとしては、9月中旬まで下落トレンドだったんですが、今は回復したところです。

さて、この時に僕が考えていたことをお伝えしていきます。

※結果論の部分もあるので、すべて読めていたわけではありません。

 

まず、①の部分に注目してください。

ここでは、買いたい人が多いことがわかります。

理由は、これまで売りたい人が多くて下落していたのに、反発しているからです。

 

次に②の部分を見てみましょう。

ここでは、売りたい人が多いことがわかります。

理由は、買いたい人が多くて上昇してきた株価が、下がり始めたからです。

おそらく、①で買いたかった人よりも、やっぱり売りたいという人の方が多かったんでしょう。あとは、①で買った分を利確するために売りたい人が多かったんだと思います。

 

最後に③の部分を見てください。

ここでは、①と同様で買いたい人が多いことがわかります。

この時点で、わかることがあります。

それは、「①と③の価格で買いたい人がたくさんいる」ということです。

 

これまでの結果から、以下のことがわかります。

・②の価格には、売りたい人が多い

・①,③の価格には、買いたい人が多い

・売りたい人と買いたい人が戦っている

 

これくらいの感じで、ラフに簡単に考えればいいです。

これなら、あなたにもできそうでしょ?

 

3.戦いに勝った方に便乗しよう

じゃあ、さっきのチャートでいつ買えばいいのか?

それは、戦いに決着がついた時です。

今回だと、②の価格(緑線)を上に超えた時です。

これは、買いたい人が戦いに勝ったことを意味しています。

結果的に、その後はどんどん株価が上昇していますね。

 

4.えらんどのおすすめ

今回のように、戦いに勝った方に便乗するのがおすすめです。

この手法は、①戦いが起きていることを確認した後、②戦いに勝った方に便乗するという「ブレイク手法」と言われるものです。

逆に言えば、一方的に株価が動いている時(戦いが起きていない時)は、何もしなくていいです。

特に、暴落中は気をつけてください!