凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

【投資】不労所得で生活することは可能か?


スポンサードリンク

先日、大阪に遊びに行ったときに

大学時代の友人と会ってきました。

いつも通りゴルフをしてきたわけですが。笑

 

帰りに不労所得に関するになりましたので

議事録としてまとめておきます。

 

会話の相手を簡単に紹介しておくと

僕と同じ地方大学の研究室の同期で

3年間共に過ごしてきた方です。

現在は、関西で自動車系企業に勤めている社会人2年目。

置かれた状況としては、ほとんど僕と同じだと思います。

なので、話が合うんですね。

 

とにかく、働きたくない、お金が欲しいと願う我々の会話です。笑

え:筆者

U:友人

 

え:「明日からまた仕事やなぁ」

U:「どうにかお金増えれば、働かんくてええのになぁ」

「ブログで見たけど、投資しとるんやんな」

え:「興味本位で始めたよ。色々やってみて、やっと固まってきた感じだね」

「いつかは働かんくていいくらいのお金が稼げたらええんやけどね」

U:「不労所得っていいよな」

「夢のまた夢やろけどな」

え:「俺は一応目指すけどね。笑」

「ちなみに、投資はやってる?」

U:「つみたてNISAと株を少々。」

「でも、株は難しいから積立投資の1本で行こうかなぁって悩んでる」

え:「なるほどね…」

 

さて、他愛もない会話でしたが

この時、ふと思いました。

不労所得で生活することは可能なのか?

答えは可能です。

ただし、今すぐは無理で

そこにたどり着くまでは

かなり困難な道が続きそうです。

 

 

【実現可能か考えてみよう!】

まず、不労所得で生活という定義を決めておきます。

贅沢はしない前提で、手取りが月12.5万で生活ができると仮定します。

なので、年間12.5万×12か月で150万円の収入があれば達成です。

 

ただし、投資では

利益に対して20%の税金がかかりますので

手取り150万円を得ようとすると

投資での利益は188万が必要となります。

 

しかも、この利益は引き出して使うためのお金なので

含み益ではなく、確定利益でなければいけません。

 

つまり、年間188万円確定利益

安定して獲得できれば

不労所得で生活が可能ということになります。

 

では、それが現実的なのか考えていきます。

①どのような投資法にするか

②どの銘柄に投資するか

③どれだけの資金が必要か

この2点に着目していきましょう。

 

①どのような投資法にするか

今回は不労所得で生活することが目的なので

実際に手元にお金がないといけません。

しかも、たまたま利益が出たというのもダメですね。

再現性の高い投資でなければ途中で破綻してしまいます。

 

確定利益が確保できて

再現性のありそう投資法候補は下記の通り

投資信託の積立投資or一括投資

ETFの積立投資or一括投資

・個別株の一括投資

 

いくつか候補はありますが

今回はETFの一括投資でシミュレーションすることにします。

 

理由は2つあって

 

1つ目はキャピタルゲイン(配当金)が得られるからです。

今回は、手元にお金がくる方法を選択しなければいけないので

インカムゲイン(値上がり益)だけだと収益が不安定になりかねません。

そういう意味では、投資信託は今回は選択肢から外しました。

※資産形成としては投資信託は有用な投資法です。

 

2つ目は

安定性が比較的高いからです。

そもそもETFとは、ある括り(日経225、ダウetc)を一括して購入するイメージなので

分散投資をしていることになります。

やはり、個別銘柄を1つずつ買うとなると資金額も莫大になりますし

選択するのもかなり難しいです。

ですので、個別株は今回選択肢から外しました。

※知識のある方は個別株の方が利益が出ることもあります

 

②どの銘柄に投資するか

では、どのETFを購入しましょうか。

これはもうほぼ決まってます。

米国株式関連ETFor全世界株式ETFのどっちかですね。

 

基本的に、アメリカが勢力を牛耳っていますが

今後はインドや中国が台頭してくる可能性があります。

そのリスクに備えたい方は全世界向きですし

今のようにアメリカ中心の世界が続くと思うのであれば

米国株式向きです。

今回は米国株式関連ETFにしておきます。

具体的には、SPYD、VTM(高配当銘柄)やVIG(増配銘柄)、VTI(S&P500関連)に

分散するのでいいと思います。

 

利回りとしては、インカムとキャピタル合わせて

5%くらいは現実的に可能でしょうから

今回は毎年5%の確定利益を得られると仮定して計算していきます。

(厳密に言うと、キャピタルゲインを得ようとしている時点で不労ではないですが。笑)

※あくまで数年単位で見た時に5~10%の利回りなので

うまくいかない年もあると思います。ご注意を。

 

③どれだけの資金が必要か

さて、ここまで来たら

後は簡単です。

毎年5%の利益を手元に得られると仮定したときに

資金がいくらあれば188万円の利益が出るのか計算するだけですね。

 

資金○○万円×5%=188万円

 

○○=3760万円

 

高っ!!笑

 

まあ、そんなもんか。

 

ポジティブに考えたら、こんだけ貯めたら

働く必要ないってことだね。笑

 

【結論】

月12.5万円の不労所得生活は

3760万円を米国株式関連のETFで運用すれば可能である。

 

おまけ

ちなみに、

月12.5万の場合、7%で運用できれば2685万円でOK

月10万の場合、5%で運用できれば3000万円でOK

月10万の場合、7%で運用できれば2142万円でOK

 

逆に運用金額から計算すると

1000万円を5%で運用できれば、月3.3万の不労所得が得られます。

 

それだけでも携帯代、光熱費などは賄えそうですね。

不労所得ではなくても

週3日のバイトと組み合わせたら

十分な生活できそうですね。笑

 

このように目標額や目的をはっきりさせることが

モチベーションやリアリティを生むことに繋がります。

 

不労所得で生活することを目指す方は3000万くらい

そこまで必要なくても1000万くらいなら

貯められる方も多いと思います。

 

ぜひ、ご検討を。

 

※投資は自己責任です。

今回記載した利回りはあくまで想定であり

確約できる情報ではありません。ご注意を。