凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

成長とは○○である!!


スポンサードリンク

最近、ふと思うことがある。

成長って何なんだろうか?

 

年齢を重ねること?

体が大きくなること?

それとも、何かができるようになること?

 

どれも成長ではありますが

私の思う成長は違います。

成長とは【変化】と【後悔】だと考えています。

 

何言ってんの?の疑問に思う方も多いでしょう。

というか、みんな?マークが浮かんでいそうですね。

 

簡単にではありますが

私の考えを記載していきたいと思います。

 

まず、成長=変化について

私は、なんらかの変化が起きることこそが成長だと考えています。

もちろん、ネガティブな変化とポジティブな変化があります。

一般的には、ポジティブな変化だけを成長と呼ぶと思います。

 

ただし、私はネガティブな変化も成長だと考えています。

それはなぜか?

人生において変化が起きることはすべてポジティブな変化だと捉えているからです。

 

いくらバカげた変化でも、劣化と言われるような変化でも

あなたの人生において必ず意味のあることになる可能性が高いからです。

 

そもそも、ネガティブな変化とポジティブな変化なんて

周りの人が勝手に決めたことでしょ?

そんなの無視していい。

人の言うことなんて、大概は気にしなくていい。

 

むしろ、変化を恐れて何もしない人の方が私はダメだと思う。

とにかく、人生において変化をもたらすことこそが

成長に繋がるのではないかと思っています。

 

 

もう一つは成長=後悔について

 

あなたは後悔したことありませんか?

あの時、こうしていればよかった。

今なら、絶対にうまくできる。

そんな後悔をすることが人生一度くらいあるんじゃないでしょうか?

 

私も思い当たる節がたくさんあります。

いつも考えるのは、学生時代の行動について後悔します。

 

高校時代の部活動。

県大会ベスト4で終わってしまったわけですが

こういう風にしていれば勝てたんじゃないか?

あの時こんなマネジメントをしていればうまくいったんじゃないか?

そう考えてしまうことがあります。

 

大学時代の部活動も同様です。

あんな行動しなければよかった。

今の自分ならもっといいチームを作ることが出来た。

なんであんなやり方を選んだんだ。

そうやって後悔しています。

 

もちろん、今更そんなことを思っても意味がありません。

当時は思いつかなかった考え方が今だとどんどん生まれてきます。

あの時なんでそういう思考が出来なかったんだ!って思いますよね。

でも、事実として当時はその思考が出来なかったんです。

それはなぜか?

 

今は当時よりも成長しているからです。

もちろん、成長とは前記した変化したという意味です。

この場合は心が成長した例ですが、身体面やメンタル面で様々な成長をしてきました。

 

そして、これからもどんどん変化を求めていきたいと思っています。

大人になると変化を恐れる傾向にあるような気がします。

年を重ねるほど、変化はリスクが伴うと考えてしまうからです。

 

でも、人生はどう転んでも成功で終わります。

どんどん変化を求めて行動していきましょう!