凡人の逆襲【節約×投資】

平凡なサラリーマンが節約と投資で会社を辞めるまでの道のり

【個人的見解】投資はギャンブルにもなり得るので危険です。


スポンサードリンク

こんにちは、えらんどです。

 

先日、投稿した記事についてのアンサー記事になります。

質問は、【投資はギャンブルか?】でした。

 

結論から言うと、【投資はギャンブルではない】です。

それはなぜか?

それぞれの定義を明らかにすれば、よくわかると思います。

 

ギャンブルとは?

金銭や物を賭けて、偶然性を含む勝負を行い

リターンを得ようとすることです。

また、快楽や射幸心を求めて行うことも多いようです。

しかし、胴元が必ず儲かるように出来ており

利用者全体では、トータルマイナスになる仕組みになっているため

マイナスサムゲームと呼ばれています。

 

 

投資とは?

将来的に資産を増やすために、資本を投げることです。

企業の成長や貨幣の価値に対して行うため

利用者全体が勝つこともあるため

プラスサムゲームと呼ばれています。

 

以上のことから

ギャンブルと投資は全く別物である。

 

 

と言いたいところですが、納得できない人がほとんどでしょう。

実は、僕自身もよく分かっていません。笑

上記の話は、一般的な定義なので

個人の考え方によって色々な答えが出てくるのが普通です。

 

僕の主観だけで言うと

ギャンブルは、運任せにお金や物を賭けて、期待値の低い勝負をすることであり

投資は、根拠を持った上で期待値の高い勝負をすることだと思っています。

 

簡単に言うと運任せでやると、ギャンブルで

根拠があったら投資だと思っています。

 

競馬を例に考えてみると

運任せに馬券を買っている人はギャンブラーで

分析して根拠を持って馬券を買っている人は投資家(投機家)だと思っています。

 

株式投資を例に考えてみると

運任せに株を買っている人はギャンブラーで

分析して根拠を持って株を買っている人は投資家(投機家)だと思っています。

 

※ちなみに、投機家とはギャンブラーと投資家の間の存在だと思っています。

ただし、かなり投資家寄りのイメージです。

 

つまり、同じことをやるとしても

やり方次第で投資にもギャンブルにもなり得るということです。

何をやるかではなく、どのようにやるかで区別するのがよさそうですね。

 

 

さて、ここまでよくわからない話を長々としてきました。

(読んでいただいた方、申し訳ございません。)

 

改めて、結論を申し上げると

投資はギャンブルではないです。

 

ただし、勘違いしてほしくないのは

株式投資=投資というわけではなく

どのように向き合うかで株式投資=ギャンブルにもなるということです。

 

 

なにが伝えたかったか?

①投資=ギャンブルという勝手な概念で

資産形成のチャンスを逃してほしくない

 

②とはいえ、やり方次第ではギャンブルになるので

気をつけましょう

 

という話でした。

 

P.S.

文章を書くというのは、とても難しいです。

かなりわかりにくい内容、文章で大変申し訳ございません。

今後、皆様が理解しやすいよう努力をしていきますので

今後ともよろしくお願いいたします。